もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターが出来るまで 3(アーニーボール・ミュージックマン)  

工場見学3件目
アーニーボール・ミュージックマンです。

カリフォルニアにあるフェンダーよりも小規模な工場です。
フェンダーと同じくボルトオンネックのギター・ベースを生産していますが…その生産方法には違いが多いようです。
この動画は工程順になっている訳ではありませんが、各工程に興味深い点が多いです。


案内をしてくれているのはCEOのStarling Ball氏です。

2:25〜
『我々はプレークマシーンは使っていない〜…手作業で…云々』と言っていますがこのプレーク(PLAK)マシーンというのはネック・フレットのコンディションをスキャンして数値化し、フレットおよびネックのコンディションを精密に管理する機械です。(私は実物を見た事も触った事もありません)
他のメーカー等には導入している所も増えているようです。

2:55〜
ロースト・ネックですね。

3:23~
バフ研磨をロボットがやってますね。
ザグリに電波タグが取り付けられていてライン横のマットみたいなセンサー部分に当てる事で情報を読み取り、プログラム通りに動くという事ですが…
いかついロボットアームとハイテクの割に実際に使われているバフマシーン側は人間が使っているものと変わりないように見えます。
個人的感想ですが、何とも言えずアンバランスな感じがする…
そうして結局人間が仕上げると。

5:36~
塗装中の乾燥・保管スペースですね。
フェンダーでは巨大な倉庫のような所にギターを吊っているシーンもありましたが、生産量も異なる事から普通の倉庫みたいな所ですね。

6:32~
これは前後して木地の研磨工程のようですね。
ギターの仕上げは研磨、研磨、研磨…
このシーンでは電動(もしくはエアー)サンダーでなく手に直接サンドペーパーを持っています。

6:50~
指板横に残ったフレット溝の穴を埋めています。
フレットタング(足の部分)の端を予め切られた状態で打ち込まれている場合、指板サイドにフレットタングが露出しません。
このように処理されていると何らかの原因で指板が縮んだりしてフレットが指板から飛び出した際にも、
タング部分は飛び出さなくなるため処理が楽。
また、フレットの影響で指板サイドの塗装が割れたり浮いたりする事も少ない筈です。

8:11~
研磨中ですがこちらは機械あがりの刃の跡を取るような工程のようです。エアー工具で研磨しています。
案内役の彼は最終的には手作業である事を繰り返していますね。

8:52~
指板面Rの研磨をしている工程ですね。
フェンダーの動画では凹んだRのついた定盤に沿ってサンダーが走っており、そこに指板を当てる事で指板面Rを整えていましたが、こちらではサンダー側は平坦な定盤が用いられているようです。
ブランコのような器具に取り付けられたネックは、木部の支点を中心に弧を描くようにスイングし、サンダーにかけられます。
この器具の支点から指板面までの距離はすなわち回転半径であり、回転半径=指板Rになるという仕組みです。
仮に240Rに作ろうと思うなら支点から指板までの距離を240mmになるように器具を用意する事になります。
研磨後にそのままの器具で今度はフレット溝を切る機械にも投入していますが、
同じ回転半径で動作している事でフレット溝も指板Rと同じRの底面を作る事になり、深さも均一になる仕組みです。

また、作業している黒いシャツの彼の説明では少し逆反り(back-bow)するようにトラスロッドを調整し、その状態でサンダーにかけると言う事です。
つまり、トラスロッドをいくらか締め込んだ状態で指板のストレートをだしてやる事で、後にネックが逆反りした時にもロッドを緩める事でいくらか対応できるパフォーマンスの高いネックにするためでしょう。
全く締め込まれていないトラスロッドは『緩める』事は出来ないからです

10:47〜
キルトトップギターにバインディングを施しているようです…
見慣れたリボン状のバインディング材を巻くのではなく、NCルーターで予めボディの形に溝を掘る→そこに液状になった樹脂を流し込む→固まる→NCルーターで樹脂と木材もろともボディの形を切り出す(整形する)という方法で施工されているようです。
なんかすごいですね。

11:36~
ネックと指板を接着してますね。
11:46~
CNCルーターでコンターを加工してます。
先が平らなビットではなく半球状のビットで加工してます。
CNCルーターはX/Y/Zの3軸をプログラム通りに動く事で、こうした立体の加工も行っています。

12:10~
製材エリアのようです。
指板等を乾燥したりしているようです。

12:39~
ブックマッチに貼られたメイプル材をサンダーにかけて厚みと表面を整えています。
これはコンベアの上に巾の広いベルトサンダーが走っており、均一な厚みに研磨してでてくる便利機械です。

13:11~
1本のメイプルネック材を2枚にスライスしてネック材と指板材に割っているようです。
貼りメイプルのネックの場合、同じ板で指板とネックを組み合わせる事で木目や色味、木の癖を合わせる事が出来ます。
メイプルは一般的に白っぽい木ですが、それでもかなり個性豊かな色味を持っています。
白っぽいからこそ貼り合わせた時に僅かな赤みや黄みが目立つとも言えます。

ただ、この方法は指板とネックを別々に用意するよりも木材のロスが多くなりコストがアップする筈です。
同じ貼り指板のネック材でもでもローズ指板とメイプル指板では別々の材を調達しなければならない事、ノコで切って失われる分の厚みがあるので余計に厚い材を用意する必要がある事。
何らかの事情で指板あるいはネック材に不良が出た時に相方の材まで不良になってしまう事等…

それでもこのようにするメリットがあると考えてのことでしょうね。



どうでしょうか、フェンダーと比べてもメーカーの個性というものを垣間見る事ができて面白いのではないでしょうか?
(少なくとも私はとても面白いと思いました…)

動画中の説明をしている彼は頻繁に「手作業が重要である」という内容のコメントをしていますが、同時に機械化などの工夫も進んでいるようです。
正直機械で終わらせた方が精度が良くコストも下がる事はたくさんあると思います。
彼ももしかしたらセールストークのために手作業をアピールしているかもしれませんが…

個人的には仕上がりさえ良いならロボットだろうが人間だろうがどっちでも良いですけど、やはり現状では人間の作業に分がある場面も多く、機械化・ロボット化は限界もあるように思います。(現段階ではね)
同時に人間では機械やロボットには勝てない面がある事も明らかだと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

ギターが出来るまで2 (Fender)

雑誌等でもたまにファクトリーレポートが載る事もあると思いますが、写真だけ見ても何をやっているところなのかよくわからないという事はあるんじゃないでしょうか。
わざわざ説明されない部分もちょっと詳しくわかれば、そういう雑誌の記事もより面白く見えるのでは…。
等と思い、この記事を書いてます。

昨日の内容と似た感じですが…
今回もフェンダー社、カリフォルニア州コロナ工場の様子。
結構古い映像のようですので先日の工場動画と比べるのも面白いかもしれません。
かなり駆け足な動画ですが前回の動画よりも工程の様子が分かりやすいかも知れません。
(工場の様子を見てもギターが作れるわけではないですが…)


0:44~
例によって材料となる木材から、

0:55~
NCルータでの加工。複数の材を同時に加工しているようです。
材の木口に矢印が書いてありますが、表面を指定しているんでしょうか。
この段階でボディ表裏のザグリ(キャビティー)とボディ外周の輪郭を削り込む形でくりぬいています。

1:35〜
ボディの輪郭が抜けたら不要になった外枠を取り除いています。
その後、今度はボディの角部分の面取Rを専用形状のビットで加工しています。
ストラトキャスターにはテレキャスター等よりも大きな面取りが施されています。

1:45〜
加工が終わったボディのザグリ深さをノギスで計測しています。
プログラムでコントロールされているんだからいちいち計る必要ないだろうと思うかもしれませんが、ボディを機械にセットしているのは人間ですので、当然誤差が生じる余地は大いにあります。
また、加工するビットは摩耗等でサイズが変化する事もありますので「同じプログラムで同じビットを使って加工すれば何百枚でも同じ物が加工できる」という事にはなりません
まして相手は木材ですので、やはり人間の注意と工夫と結果の検査は不可欠です。

1:56〜
Ncルータあがりのボディに何やら金属製の道具をはめ込んでいます。
見たところキャビティにぴたっとはまるようになっているようですが…
おそらくドリル用のテンプレートでは無いでしょうか。
ネックポケットの4つの穴とシンクロナイズドトレモロを取り付ける6個の穴を正確に空けるためにドリルのガイド(案内役)として使う物かな?と思います。(違ったら済みません。使ってるシーンがあれば良いんですが、この動画には無いです)

2:00~
プレーナという機械で板の厚さを整えているようです。
貼り指板用のメイプルのようです。

2:04
今度はネック材をNCルーターで加工。
トラスロッドの溝を掘っているようです。

2:16
ロッドは裏や表から溝を掘るだけでは仕込めないので、ボディエンドやヘッド側からドリルで穴をあける必要があります。
ブレ等が生じないように金属のガイド穴を通じて穴をあける仕組みになっているようです。
トラスロッドは一般的に湾曲して仕込まれているので、当然この穴はネック材と平行ではなく仕込まれるロッドの角度に合わせて空ける必要があります
そのためこのドリルはそのような穴があくように設計、または設定されている物と推測します。
その後、ロッドを仕込み、指板を接着しています。

2:30
指板の接着が完了した後、ネックグリップの荒加工を機械で行っています。
この機械は「ならい」でしょうか。
回転しながら複数のネックを同時に削っています。

2:47
再びNCルーター。
ヘッドストック等を切り出しています。

3:03
この段階では指板はまだ平らなままです。
今度は専用のRのついた刃が高速回転している機械で指板面のRを切り出しています。

3:10
この機械は指板面の研磨をしているんだと思います。
カットされたままの指板面はある程度荒れている事が予想されますのでやはり研磨が必要です。
セットされた指板の上にベルト状のサンディングペーパーが走っていて上からRのついた定盤でベルトごと押さえる事で指板面のRを整えながら研磨していると思われます。
押さえたり離れたりという動作をしているのは、一気に長時間押さえると指板に熱がかかる事と、研磨粉がこびりついて仕上がりが悪くなる事を避けベルトの耐久性の低下も軽減する意味だと思います。

3:27
フレット打ち前の溝を整えているんだと思いますが…彼が全てフレット溝をああやって切っているわけではないと思います。
おそらく研磨後の溝をクリーニングしつつ溝の深さを一定にチェックしているんじゃないかと。
ポジションマークも打たれていますね、指板面のコンディションを整える工程という事でしょうか。

3:39
サイドポジションの穴をあける機械。一辺にやっちゃうんですね。これは便利。

3:47
フレット溝に接着剤のような物を入れてますね。
その後、やはりハンマーで仮打ちしてプレスで圧入しています。

4:01
フレット打後には指板からフレットが大きく飛び出していますが、この機械で一気にフラッシュ(面揃え)。
この機械が刃物系なのかヤスリ系なのかは不明ですが、便利そうです。
ちなみに、私の工房では1本1本ペンチのような物でカットしてヤスリで揃えるように作業しています。(なかなかにめんどくさいです)

4:04
このシーンが何をやっているのか不鮮明でよくわかりませんが…
ナットが付いているように見えますので、取り付けたばかりのナットの指板から飛び出した端を切り落としているのかも…

4:12
木地の研磨工程ですね。
色んな道具でボディの各部位を研磨しています。
NCに限らず、ルータービットで加工した物は多かれ少なかれ表面が「荒れる」事になります。
木には繊維方向がありますので、一方向に回転するビットでボディ外周を一周するとどうしても「逆目(さかめ)」の状態で加工しなければならない部分が生じます。
そのままでは美しい仕上がりは望めないので、やはり研磨は必須です。
見た目だけの問題ではなく、塗装の際の塗料の吸い込み等にも影響がありますので、たとえ塗りつぶしでも研磨します。


4:48
塗装ブースですね。
着色が行われているようです。
既にピックアップキャビティー内部は黒く塗られているようですが、多分導電塗料が先に塗ってあるのではないでしょうか。
本来は木地研磨の後いきなり着色したりはしないと思います。
ヤニ止めと塗料の密着を良くするためのシーラー
アッシュボディなら導管を埋めるためのフィーラー(目止め)
着色前に滑らかな下地を作るためのサンディングシーラー
その後に着色となるのがほとんどではと思います。
この辺りは仕上げの仕様によってはさまざまな工程があり得ます。

4:56
黒くスプレーされたボディの向こう側には滝のように見える部分がありますが、これは水を使ったフィルターのような働きを持ったブースです。
塗料の余分なミストを水ごと取り込んで跳ね返りやダストの飛散を抑制します。
水はその後に濾過されて循環し、取り込まれた塗料ミストは貯められて廃棄物として処理されるようです。
フィルターだけ通して煙突から排気するといった設備はアメリカ、もしくはカリフォルニア州では法律があって認められていないという事です。

5:00
トップコートとなるクリア層のスプレー。
さっきの着色をしていた人よりも一気に軽装に見えますね…(半袖だし)
ネックにクリアーを吹いている人は手袋無し。
この辺の着用・不着用は任意だったりするんだろうか…

5:12
塗装後のサンディング作業。
サンディングシーラーの研磨かな…オービタルサンダーのような物を使って研磨している人と手作業で研磨している人がいます。
色がついたボディも積んでありますが、塗り直しのために再研磨されるという事でしょうか。

5:16
こちらはトップコートの研磨のようです。
やはり機械と手作業が混在しています。
塗装はやはり研磨が重要です。

5:30
バフ。
白っぽいボトルに入っているのは研磨粉だと思います。
ボディに塗布し、バフに当てて研磨します。
据え置き型の縦回転するバフとハンディタイプの横回転するバフの両方が併用されているようですね。
磨き上げる事でギターは鏡面の仕上がりを得ます。
しかし、バフで鏡面を得るためには事前の入念なサンディングが必要です。

5:55
塗装が完了したら組み込みです。



どうだったでしょうか。
この動画で工場の様子が全て分かるわけでもギターの作り方がわかるわけでもないのですが、なるほどと思う面もあったりしませんでしょうか?
また、生産ラインをみて味気ないと感じたでしょうか?それとも興味深いと感じたでしょうか?
機械が加工している割合が意外に多い思ったでしょうか、それとも意外と手作業が多いと思ったでしょうか。


次はフェンダー以外の工場を見てみたいと思います。

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

ギターが出来るまで

突然ですが、私のところには
「ギターの作り方を教えてください」とか
「自分でギターを作っているのだけども工程のアドバイスが欲しい」といった内容のメールをいただく事が有ります。
可能な範囲でお応えしたいところなのですが…なかなかそういった部分では細かな対応は難しいというのが正直なところです。

また、お客様と直接お話をしている時にもギター製作の工程に興味がある方は多いようで、
普段見えない裏側に興味がわくのはある意味当然だと思います。

最近はYouTube等にも様々なギター製作動画や、工場ツアー動画があるので、そういった物を覗いてみるのも面白いと思います。
ただ、動画を見ただけでは何がどうなっているのか判らないという事もありそうですので
今回はYouTubeを使ってギター工場のを見学し、同時に私なりの補足解説なんかを加えてみようという試みです。
オープンになっている部分を見ただけでだけで何でもわかるわけではないと思いますが、参考になる部分や発見があるかもしれません。

第一回は
いきなりフェンダーです。
フェンダーは古くから工業製品としてのギターを製造しているイメージがある方は多いのではないでしょうか。
どんな様子で作られているのでしょうか。
*1/25追記*
記事公開から数時間の間、フェンダー工場ではない間違った動画が貼られていましたすみません…本当はこっちです


1:11~
加工前の木材が並んでいます。いかにも木工加工機械といったグリーン機械が並んでいます。
エリアの天井付近からはミストが出ていて過度な乾燥による木の伸縮を防いでいるという事です。
木は乾けば良いという物ではないという事ですね。

2:00~ 板状のネック材にトラスロッドを仕込むための溝が既に掘られています。
ヘッドの形はまだ切られていませんが既にペグを取り付けるための穴はあいています。
ローズ指板はこの段階ですでに表側に貼ってあるのが確認できます。
ヘッドの形が切り出される前に既にヘッド面と指板面との段差は設けられていますね。
2:05~からの画像で作業しているのはトラスロッドをヘッド側で調整するタイプで、ネック背面にスカンクストライプのあるタイプということになります。

2:30~ 
手動のプレス機で「ストレステスト」をしています。
過酷なコンディションに耐える素材である事をこの段階でチェックしているようです。
ネック材がこれほどグニャリと曲がる様子を見た事のある人は少ないのではないでしょうか。
ハードメイプルという木は「堅い」という認識の方は多いと思うのですが、実は柔軟性も非常に高く、そういった面でしなやかな強さも持った木ですので床材等に使われる事も多い木です。
この場面では既にヘッドストックやネッグリップ等の荒加工が完了しているようです。
ポジションマークの穴はあいていますがフレット溝や指板面のR加工はまだのようです。
指板接着面の様子からこのネックはスラブボードのトラスロッドはエンド側で調整するタイプという事がわかります。

3:23~
男性が白いローラーの上を転がすようにボンドをつけています。
今度はスカンクストライプの無いタイプのローズ指板ネックの画像のようです。
既にトラスロッドは仕込まれ、表面に指板のローズウッドを貼付ける場面です。
背面にスカンクストライプのあるタイプとは指板を貼るタイミングが異なるという事がわかります。
背面にスカンクストライプのあるネックでは、先に指板を貼ってしまう事で、その後はメイプル1Pのネックと同じ工程を使えるようになっていると思われます。

3:44〜
フレット打ちの場面ですね。
まず、ハンマーで指板にフレットを仮打しているようです。
その後にプレス機でフレットを押し込んでいます。
指板面は整えられていますが、ネックグリップはまだ荒加工のままのようです。その他の部位の研磨等も行われていないように見えます。

4:03~
CNCルーターと呼ばれる機械でボディを加工しています。
ルータビットの先端と台の分が数値プログラムによって制御された動きをする事で決まった形にザグリやボディ外周を切り出します。
ヘッドストックやトラスロッド溝等の加工もこういった機械で行われていると思われます。

フェンダーのようなフラットトップのソリッドギターのボディはこういった加工で多くの加工が完了します。
しかし、この手の機械だけで十分な美しいし仕上げを得るのはかなり困難で、実際には配線穴や記事表面の研磨等をやはり別に行う必要があります。

6:18~
ボディを棒状の機械にこすりつけているように見えますが、これは研磨工程のようです。
回転する軸に円筒状のサンドペーパーがついているもののようです。
このシーンは木地の研磨ではなく、塗装の途中工程でのサンディングと思われます。
サンディングには部位によって実に様々な研磨機が使われます。
また、どうしても機械では精度が出しにくい部位や、磨きにくい部分は手作業で研磨されます。

6:21~
次のシーンではもうバフ研磨作業の場面になっています。
バフ研磨は布等で出来た円盤状のバフホイールを高速で回転させてそこに被研磨物をあてる事で艶を出す工程です。
同時に研磨粉やワックス等を併用している物と思われます。
ギターのピックガードを外した時に、ザグリの中に黄色っぽい粉のかたまりのような物が残っているのを見た事がある人もいると思います。または、細かな繊維状の物が混ざっていたかもしれません。
これらはこのバフ工程で生じるバフホイールの繊維くずと研磨粉のカスです。

製品状態でこの粉状のものが結構無頓着に残っているギターがあるのですが、カビや塗装異常ではないのでご安心。
(とはいえ無い方がすっきりしますけど)

バフ研磨の前には一般的に高精細なサンディングが必要です。
バフは塗装工程の最後の仕上げとして行われる物です。
ただし、鏡面仕上げの物のみにある工程で、艶消し仕上げ等のギターには基本的に行われません。

6:43~
組み込み・セットアップの工程ですね。
一瞬ですが…弦を張ってハイポジションを押さえ、6フレット付近に何か板状の物を差し込んでいる男性が映っています。弦高やネックの反りが基準の範囲であるか否かを確認するためにこうした地味な作業が続きます。


…と今回の紹介はここまで。
次もフェンダー工場の別の動画を使って製造の現場の事を考えてみたいと思います。

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

ウェブサイトを引っ越しました

夏以来、大変久しぶりの更新となってしまいました。

2013年を迎えた事を機にウェブサイトをリニューアルしてアドレスも引っ越しさせていただきました。
ドメインが以前のものから新しくozimasguitar.comへと変更になっておりますのでご注意ください。
オジマスギターアトリエのホームページへ


古い方のサイトは間もなく閲覧不可能になりますので、ブックマークその他の登録等していただいている方はお手数ですが再登録等をお願いいたします。

新しいサイトは右のプロフィール欄にも青いギターのバナーを設置しておりますのでそちらからもどうぞ。

なおこのブログは今のところ引っ越しの予定等はありません。引き続きよろしくお願いいたします。


またお知らせかよと言われそうですので…
明日にも新しい記事をアップできるように準備しております。
引き続きユルくお楽しみいただければと思います…

自由研究ピックアップを作る(まとめとヒント編)

先日からの続きです。
安価で簡潔なピックアップを作って遊ぼうという実験です。



動画あるんなら先に出せよ…
と思ったのですが、切りが悪いので後回しになってしまいました。

動画の後半ではギターの弦以外の物の音も試しに拾っています。

ギターのピックアップは基本的にコイル周辺を取り巻く磁界の変化を音声信号として出力しています。
そのため、磁石にくっつく物なら何でも振動を音として拾う事が出来ます。
動画の中の缶のフタ・スケール・音叉はいずれも磁石にくっつく「磁性体」が素材になっています。

色んな物の音をアンプを通して聞いてみると思いのほかカッコいい音が聞けるかもしれません。

また、今回のようなギターではピックアップの位置は構造的な制約を受けません。
一般的にピックアップは指板よりもブリッジ側にあるため、通常は押さえたフレットよりブリッジ側の振動を拾っています。
試しにスライドバーで押さえた位置よりもヘッド側(ヘッドなんか無いけど)にピックアップを置いてどんな音がするか試してみてください。(ピッキングの位置はいつも通り)

余談ですが
ギター用ピックアップに限らず、録音や歌に使うマイクも実は同じ原理を使った物があります。
マイクは主にダイナミックマイクとコンデンサマイクが広く使われていますが、そのうちダイナミックマイクはコイルと磁石と微細な空気振動も拾う薄い板によって構成されています。
マイクの中の薄い板は磁性体で、ギターで言うところの弦に相当し、この振動をコイルで電気信号に変換しています。
SHUREの57や58といったライブハウス御用達のマイクはこれに該当します。

ちなみにコンデンサマイクは違う原理で動作しています。(文字通りコンデンサの原理を応用しています)


スピーカーはダイナミックマイクの逆の原理で、コイルに信号を流す事で磁界を変化させ、その磁力でスピーカーの振動膜を振るわせて音を出す仕組みになっています。


そう考えると、コイルや磁石を研究する事は色んな物の理解が深まり身近に感じるようになるかもしれません。

ちなみに動画の終わりにも書きましたが、今回作ったコイルに乾電池等で直流電流を流すと電磁石を作る事が出来ます。
しかし調子に乗っているとコイルが思いのほか熱くなる事があります。
私は小学生の頃、家で電磁石遊びをしていて実際に軽い火傷を負った事がありますので、くれぐれも注意してください。

また、同様の理由でギター用ピックアップに乾電池等の直流電圧をかける事はお勧めできません。くれぐれも。

また、強い磁石は携帯電話等をはじめ精密機器に近づけすぎると損傷を起こす事があります。
特にネオジウム磁石の扱いには十分注意してください。

<まとめ>

今回のピックアップを実際に作ってみた方はいかがでしたでしょうか?
何となく解っていた事でも実際にやってみると意外な発見があったりしなかったでしょうか?
また、ギターのピックアップにたいする見方が多少変わったりした方は居ませんでしょうか?

作ったピックアップの音を聞いて、「何だ、ピックアップってこんな簡単な物だったのか」と思ったでしょうか。
それとも「ギター用のピックアップはやはり精錬されているんだな」と思ったでしょうか。
新たにわからない事も出てきたかもしれません。
いずれにしろ何か感じたり考えたりしたのであれば、少なからず理解は深まったといえるのではないでしょうか。

まだ試していない人は、いつでも気が向いた時に実験してみてください。
どうせ大人には夏休みなんか無いので…


なお、この実験に関する「ここをこうするとどうなるのか」といった類いのご質問は受け付けません。
それを確かめるのが自由研究ですので(笑)基本的には試行錯誤をしていただく事になります。
また、くどいようですが怪我等には十分注意してください。
このブログの記事を参考に作業して起こったいかなる問題に付いても責任は負いかねます。

終わり

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。