カテゴリー別5_もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ ピックアップ no..178.127.125.77.67もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズマスターのピックアップ比較

20世紀後半には一旦は生産が終了したFenderUSAのジャズマスターですが、
現在は現行モデルが復活しています。

アーティストモデルを除いても、
American Vintage '62 Jazzmaster
Classic Player Jazzmaster Special
Blacktop Jazzmaster
の3種類がラインナップされています。
その中でも最もオリジナルジャズマスターに近いのはその名の通りAmericanVintage'62Jazzmasterです。
定価も3つの中では一番高く、2,000ドルを超えています。
しかし他の2機種はただの廉価版ではなく、それぞれに工夫と味付けがされた別モデルです。
そのピックアップもそれぞれ全く異なる物のようです。


今日はこれといった意味はないのですが、現行モデルの’62Jazzmastserに搭載されているピックアップについて様子を見てみたいと思います。

ジャズマスター
手前のピックアップがそれです。
ポールピースに大きめの面取りが施してあり、カバーから結構飛び出しています。
ジャズマスター巻きの向き
ブリッジとネックのピックアップはそれぞれ逆方向に巻かれているためリード線のHotとColdは互いに逆の位置から延びています。
もちろんオリジナル(62年当時)同様にポールピースの磁力の向きは互いに逆向きです。
(トップ面からみて、ブリッジ側が時計回り、ネック側は逆時計まわり)
直流抵抗値はブリッジ側の方がやや高出力に差をつけた設定がされています。

リード線は昔ながらの布巻き線。

ちなみに、ジャズマスターPUは他のピックアップに比べてリード線がいくらか切れやすいので注意。
理由はハンダで止められている端子から直接リード線を伸ばしているため何度も曲げているとリード線の根元で折れやすいから。
(ストラト等は直接根元に力がかからない。)

ジャズマスター横からジャズマスターJPN 余っから
ボビンのサイズもオリジナルのものにかなり近い形状だと思います。
極めて平べったく幅のあるボビン。巻かれたコイルも当然平べったくなります。
ポールピースは上下ともにボビンから飛び出しています。
私の知るかぎり、ポールピースの長さは62年製のピックアップよりも飛び出しており、その分やや長いようです。

ちなみに右の画像はフェンダージャパン製のジャズマスターピックアップです。
コイルの部分がものすごく小さいように見えますが、こちらはボビンが左の物より1.5倍以上の厚みがあり、全然違うデザインをしていますボビンの裏側あポールピースと同じ高さで揃えられており、ポルピースの裏側への飛び出しは無し。表側は1.5mmほど出ており面取りは無し。
ポールピースもストラトほどではありませんが、62Jazzmasterに比べてやや長いです。

リード線はビニール被膜の1芯シールド線。
両方ともロウ漬処理が施されています。(下の写真参照。右側はジャパンモデル。)
JAPANとUSA


ボビンの形はピックアップのサウンドにかなり決定的な影響力があると思います。
Japanの物の方が直流抵抗値が低い(巻き数も少ない)事もあり単純に比べるのも乱暴ですが、私の実験ではJAPANのピックアップにそのままコイルを巻きたして同程度の巻き数と直流抵抗値にしてもオリジナルのようにはならない事を確認しています。

両者は出力差があるのも事実ですが、USAとJAPANのサウンドの違いはこのボビンのデザイン辺りでも違いが生じている物と思われます。
ジャパン製のPUはオリジナルジャズマスターを再現しようとした物とは違うコンセプトなのかもしれません。ある意味独特の音を持ったピックアップですね。


ちなみに、Classic Player Jazzmaster Special には表向きジャズマスターのピックアップに見えるのですが、高さをアジャスト可能なポールピースだけでなく、中の構造までほぼP-90と同様のデザインとなっています。
構造はポールピース自体が磁力を持たず、ボビン裏に板状の磁石が2枚。
つまり全くの別物です。
ダメとか偽物という事ではなく、違うコンセプトで設計されているという事でしょう。

さらににそのClassic Playerのトレモロユニットですが…
一見ジャズマスターと同じと思わせておいて、実はアームの根本ににストラトみたいにネジが切ってあるタイプになっています。
もちろんアームを受ける側もネジ切りあり。ストラトスタイル。
どういうわけかこれだけこういう仕様。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

ピックアップのサイズ ジャズマスターと比べる

ムスタングにはストラトキャスターのピックアップをそのまま載せる事が出来ます。
ストラトはポールピースがボビンよりも飛び出しているのでムスタングのような穴の無いのっぺらぼうのピックアップカバーを使う事にはやや無理がありますが、基本的なサイズは同じです。
よって、ピックガードなどの加工なしに交換できます。

しかし、たまに聞かれるのが
「ジャズマスターにハムバッカー等、他のピックアップを載せる事は可能ですか?何か加工が必要ですか?」
という質問です。

極論ですが、ピックガードなりボディ木部なりを加工してしまえばほとんどの場合で答えは『可能』であり、
さらに新たなビス穴をあける事も『加工』であると考えるなら『加工は必要』です。

「P-90とジャズマスターのピックアップは似ている」という方もみえますが、実際には全く異なった設計です。
言ってみれば他人です。

ジャズマスターとP-90とハムバッカーのサイズを比較してみました。ピックアップ3種類比較
実際に比較したのはそれぞれのカバーですが…

とりあえずジャズマスターのピクアップがひときわデカイ事が分かります。

次にP-90。
ドッグイヤータイプではなくソープバータイプを並べてみましたが・・・言うほどジャズマスターに似ていません。
縦方向(弦と並行の向き)の長さはハムバッカーよりも短いです。
ハムバッカーのカバーは横幅が一番小さく縦の長さもジャズマスターより小さいです。

何が言いたいかというと、ジャズマスターにこれらを載せようと思った時とりあえずジャズマスターよりも小さいピックアップを載せる事になるため正面から見たスペース的な問題はないという事です。
ジャズマスターに載るか
ジャズマスターと各ピックアップを重ねてみました。

仮にP-90を載せてみると…ピックアップが全体に一回り小さくなったので周りに隙間ができる事になりますが、P-90はジャズマスターと同じくボディに直接ビス止めするダイレクトマウント方式なので設置に問題は無いはずです。
(ともあれ見た目はちょっとワイルドですね…)

P-90とジャズマスターのポールピースの間隔は全然違うので(P-90の方が狭い)ジャズマスターのカバーを使ってP-90を設置する事は無理があります。

キャビティー(ザグリ)の深さもジャズマスターはかなり浅く、ピックアップ全体の高さも似たようなものなので
十分にスプリングやピックアップに下に敷いてあるクッションスポンジで高さを調整できる範囲ではないかと。

対してハムバッカー。
こちらも正面から見た場合は納まっているのですがP-90と違いハムバッカーはベースプレートから延びた足の部分でビス止めする仕組みです。
どうやって固定するかが問題になります。
ボディに直止めや専用にピックガードを新調してなど方法は色々考えられるのですが、ジャズマスターのピックアップカバーを加工してハムバッカー用エスカッションを作って留めるという方法もあります。
ピックガードを作るより安く簡単で、見た目にも余分な空白部分が出来ないため採用している人も多いようです。

ハムバッカーは足も含めるとかなり背が高い為、ザグリの浅いジャズマスターでは弦高によってはピックアップが弦に近づきすぎる事になります。
必要に応じて足の部分を掘り下げる加工をして逃がすスペースを作ってやらないと適正な高さを維持できないでしょう。

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

ピックアップの磁石と金属

単にトリビア的な内容と思ってみてほしいのですが…
ピックアップを構成している各種素材と磁力の関係について。

アルニコ磁石とフェライト磁石左の画像はアルニコ磁石とフェライト磁石にテスターを当てて導通があるかどうかをみているところです。(上がアルニコ、下がフェライト)

現在流通しているマグネティックピックアップにはほとんどの場合アルニコ磁石またはフェライト磁石いずれかの磁石を使っています。

両者は、磁石としての特性が異なるために使い分けられているのですが、他にも物理的な特性の違いとしてアルニコ磁石は電気を通しますが、フェライト磁石は電気を通さないという特徴があります。(ピックアップとは直接関係ないのですが、強力な磁石で知られるネオジム磁石も電流を通します。)


見た目としては基本的にアルニコ磁石は金属的な銀色で質感も金属。
鉄ほどではないですがサビを生じます。
フェライト磁石は黒っぽく、質感は陶器に近いです。サビは生じません。




ポールピースは一般的に必ずしもそれ自体が磁石である必要は無く、底面に取り付けられた磁石の影響を受けて磁化されています。
磁化される事によって初めてポールピースとしての役割を果たしますので、少なくとも磁性体でなければなりませんつまり、銅やアルミではポールピースを作れないという事になります。(少なくとも本来のポールピースとしての意味は持てない)

ハムバッカーやテレキャスターのネック側のピックアップのカバー等には多くの場合金属がつかわれます。
このカバーの素材はポールピースと逆で、決して磁性体であってはなりません
仮に鉄などの強磁性体(磁力の影響を強く受ける素材)で作ってしまうとポールピースと弦の間の磁力線をカバーが遮断してしまう事になり、弦振動による磁界の変化が起こらなくなり、つまりはピックアップとして音が拾えなくなります。

カバーには空中を漂う誘導ノイズを遮断するシールドの意味があるため電流を通す素材が適しています。

プラスチックやその他の樹脂製のカバーにはシールドの意味は有りません。
多くはコイルの保護のためについています。
ピックアップをボディに固定するためにカバーを利用した物も非常に多いです。

ジャガーのピックアップには特殊な形状の金属の爪が付いていますが、これはポールピースから出た磁界の形を制御するための物ですので磁性体で無くては意味がありません
ジャガーの爪は特徴的で目立ちますが、他にもレースセンサー等も外から見えないのですが似た原理で磁界の形をコントロールしています。


ハムバッカーやP-90等の底面には金属のベースプレートが付いていますが、これらは基本的に磁力の影響を受けない素材(非磁性体)です。
もしも磁性体で作った場合、カバーと異なり一応音は出るはずですがピックアップ全体の磁界の形が変わってしまうためサウンドに変化が起こるはずです。


磁力という点でみると、ピックアップには色々な事情があって色んな素材が使われている事が分かると思います



蛇足ですが、
地球の磁場
地球が磁力(地磁気)をもっていて方位磁石はN極が北を指します。
これはご存じだと思うのですが
N極が引きつけられるのはS極なので北極側にあるのはS極です

N極は"North Pole"S極は"South Pole"の意味なので、なんとなくN極は北にあると錯覚する方もいらっしゃるのでは?
(私の回りにはチラホラ)

・・・とはいえ、
錯覚していたとしても実際には困る事はほぼ無いかも…。余計なお世話ですね。

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

ピックアップのアースとシリーズの問題

コールドが固定されている
いきなりですが、左からテレキャスターのブリッジPU・テレキャスターのネックPU・ジャガーのPU
それぞれを裏側からみたものと考えてください。
共通点はなんでしょう?
色々あると思いますが今回問題なのはこれらのピックアップは事情があってHot/Coldの端子が固定されているという事です。

テレキャスターのブリッジピックアップはピックアップ底面に銅の板をつけています。
その板にはコールド側の端子(おおむねピックアップコイルの巻き始めの側)と繋がるようにハンダ付けされています。
(テレキャスター、あるいはテレキャスタータイプでも銅の板が無いピックアップも沢山あります。その場合は今回の話題とはさしあたって関係ありません。)

ネックピックアップには金属製のカバーが被さっています。
ピックアップボビン本体にしがみつくようにツメが引っ掛かっています。
カバーの一部はコールド端子にハンダ付けされています。

ジャガーのピックアップには磁界をコントロールするためと思われる特徴的な鉄の爪状の囲いがついています。
底面から回り込むようにコの字型をしています。
底面ではやはりコールド端子とハンダ付けされています。

これらのピックアップはストラトキャスターのピックアップとは異なり、
安易にHotとColdを入れ替える事ができません。


理由は『誘導ノイズ』です。

それぞれのピックアップの金属部分は、ついている理由こそそれぞれですが、いずれもコイルを誘導ノイズから守る役目も担っています
この部分をCold(アース)側に繋いでおく事によって金属部分が拾ったノイズをアースに落としています。
という事はリード線のHotとColdを間違えるとアース側ではなくHot側にノイズを流す事になってしまいます
同様の理由から1芯シールド線を使ったハムバッカーのHot/Cold(芯線とシールド部分)も逆に運用する事はお勧めできません。
テレのブリッジについては逆に繋いでも銅のプレートがピックアップ取り付けスクリュー(ビス)を通じてブリッジプレートに導通しており、すべての信号がアースに落ちてしまうためそもそも音が出ない事になります


通常はこの事で悩む必要はあまりないのですが…
わざわざ逆に運用したい場合と言うのは、アウトフェイズでのミックスサウンドを出したいとき等ですね。


逆に配線しなくても問題になる場合があります。

シリーズ(直列)接続したい時です

シリーズでの問題
←の絵はジャガーのピックアップをそのままシリーズ接続した場合の信号のイメージです。
赤い部分は信号ですが、途中から紫色の信号が混入しています。
ピックアップのヨーク(金属部分)が集めたノイズがアースに落とされず信号にそのまま乗ってしまう事になります。
せっかくのハムキャンセルもこれでは…

テレキャスターのピックアップでも同様の状態になります。
そもそもアース側だったピックアップカバー等が信号線の途中に挿入される事になりますので、カバーに触れると信号線に触れた時と同様のノイズを発する事も…

これでは面白くないので、どうしてもシリーズで運用したい場合は『アースをColdから独立させる』という方法で問題を回避できます
アース独立
前側のピックアップの金属部分をCold線から切り離し、単独でアースに落とす。
独立させるのは前側のPUだけでよいです。
これでシリーズ時にもノイズ抑えられます。
アースを独立
線が一本増える事になるので邪魔ではあります。
しかし、シリーズで運用したい場合は必要な対策となります。(テレブリッジの絵には新たな線が生えていませんが、実際問題として必要ないと思ったため省きました。)


FenderCustomShopのテレキャスター用テキサススペシャルPU等は初めからセンターポジションでシリーズ接続での運用を前提にしているようですので初めから白・黒・黄の線が3本生えています。
(しかもクロスワイアー(布巻き線)…。キャビティが狭い…)

また、ストラト用PUでも物によってはシールドプレートを装備した機種もあり、同様の問題を生じる可能性もあります。
また、ご自身でピックアップに銅箔を巻く等のシールド処理をした(する)場合にもこれらの問題に注意を払った方が良いと思います

ご自身で線を増設される場合は、ハンダでカバーやヨークを加熱しすぎないように注意してください。
過度な加熱はコイルワイアーそのものを損傷させる危険性もあります

(ジャガーのヨークにはなかなかハンダがのりづらいと思います)


*ご注意
回路におけるノイズの振る舞いについては実際には簡単にイラスト化したような単純なものではないと思います。(というか私もそれほど詳しくは分かりません…勉強中ですごめんなさい)
ここでは敢えて問題を解かり易くとらえるため、簡略化したイメージを採用しています。

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

ピックアップの直流抵抗値の測り方について

ピックアップの直流抵抗値を測った事ありますでしょうか?

『直流抵抗』というのは学校で習った『オームの法則』の

RΩの抵抗にEVの電圧をかけ、I Aの電流が流れたとき、

 E(V)=R(Ω)× I (A) という関係。の『R(Ω)』の値です。

交流抵抗値というのもあるのですが・・・途端に話が難しくなるので触れません…
しかも、今回はとりあえずこの公式も必要ありません。

直流抵抗だけでピックアップの全てが分かるわけではないのですが、故障診断やピックアップの個性を推察するのには重要な数値となります。

具体的には、ピックアップコイルが完全に断線していたら直流抵抗は『∞』(絶縁状態)となります
(断線していても状況によっては音が出てしまうのがピックアップの面倒なところです。直流的には絶縁されていてもコイルというものは交流的には生きている事があるからです)
また、同じ線材で巻かれたコイルは巻き数の多い方が直流抵抗は増大します。
同じ線材・同じ磁石を持ったピックアップなら単純にいえば直流抵抗値が大きい方が高出力という事になります
他にも、ピックアップのフェイズチェックをする際にも利用できます。
(ポールピースに磁性体が近づく時と遠ざかる時では直流抵抗値が変化する。発生電圧を測定しても良いんですが…)

まあ細かい事情はともかく、直流抵抗値を計測する事が必要な場面があるわけです。
そこで必要なのが『テスター』です。
テスター
デジタルとアナログがありますが、細かい数値を計測するならデジタル。
数値の変化をとらえたいならアナログの方が見やすいかもしれません。
まあ、どっちでも好きな方を使い慣れるのがいいとは思います。

被検体に接触させる先端部分は手を離しても使いたいのでクリップ式の方が使いやすいと思います。
棒状の先端の物がほとんどじゃないかと思うのですが、私は勝手にクリップに着け替えました。
先端を切り落としてクリップをハンダ付けするだけ。

さあ実際に計測するには・・・
テスターの計測モードを直流抵抗20kΩ程度に合わせてピックアップのリード線の先にクリップを噛ませるだけ。
でてきた数値が直流抵抗値です。(当たり前ですが・・・)

しかし、問題はここからです。
ピックアップがギターから外れている場合はそのまま測れば良いのですが、ピックアップが現段階でギターに配線されている状態の場合は注意が必要です

テスターが計測する抵抗値というのは2点間の抵抗値です。
ギターが回路に組み込まれた状態のピックアップのリード線の先端はスイッチやボリュームと繋がっており、正常な回路であれば必ずどこかでアースに落とされているはずです。
この状態で計測すると、ボリュームなどを含めた合成抵抗値しか測る事ができません。
つまり、ピックアップだけのの直流抵抗値は測れないという事です。

これを回避するためには、ピックアップのリード線のHOT/COLDどちらか一方でも回路から遮断されていなくてはいけません
どちらかが遮断されていれば、計測可能です。

ストラトのようにピックアップが直接スイッチに繋がっている場合は、スイッチ操作で回路を遮断する事が出来ま

スイッチと検査
上のイラストでは赤い矢印の部分が遮断されています。
例えばリアピックアップを測る時はセンターかフロントにスイッチをずらしておけば、リアピックアップは遮断されています。(アース側は接続されたままですが、問題ありません。)
テスターの一方の端子はリード線のコールド先端(根本でもいいです)線端子は該当のスイッチ端子にでも噛ませれば計測できる事になります。



しかし、レスポールのように先にボリュームなどに繋がっている場合はスイッチを切り替えても切断できません
回路2
上のイラストはシングルコイルが描かれていますが、レスポールのようなボリューム⇒スイッチの順で繋がったかいろと思ってください。トーンなども省略しています。(レスポールとは端子の使い方も違ってジャズベースっぽくなってますが・・・気にしないでください。)
ボリュームの抵抗値を通して常にアースに接しているので、この場合はあきらめてHOT/COLDのどちらか一方をポット等からとり外す事になります。
レスポールに限らずほとんどのギブソン系ギター、またジャズベースやプレべも同様です。

面倒ですね。

ご自身でピックアップの直流抵抗を計測される場合は注意してください。
誤った方法で測って『あっ!俺のピックアップおかしい!』なんて慌てないようにしたいですね。
同様の事情からポット等の抵抗値を計測する際にも配慮が必要です。

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。