『ムスタングのスイッチが使いにくい』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムスタングのスイッチが使いにくい

ジャズマスターやレスポールはシンプルなトグルスイッチで2つのピックアップを切り替える事が出来ます。
テレキャスターも3WAYレバースイッチです。

それに比べてムスタングの通常のスイッチが使いにくいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

フェイズアウトは使わないという場合、
いっそのことスイッチの配線を改造して普通の3WAYスイッチとして使えるようにするのも手かもしれません。

↓ムスタングに使われているON-ON-ONのスライドスイッチを使ったピックアップセレクター例です。
ムスタング シンプルスイッチ
この配線にすると、ブリッジ寄りのスイッチのみが有効になり、
ネック側から順に
 ネックハーフトーン(インフェイズ・パラレル)⇔ブリッジ
の順に機能します。
アウトフェイズのミックスは出ません。
ネック側のスイッチはダミーになります。

注意点としては、ピックアップのコールド側はどこか常時アースのとれている部分にハンダづけし直さなければなりません。
ピックガードの裏にシールドシートが貼ってある場合はスイッチの本体部分にでも付けておきましょう。
(恐らく直接ポットの背中までは届かないと思われます。)

トグルスイッチよりもちょっとややこしい配線になっていますが、この8本足のON-ON-ONスイッチの場合このようにしないと3WAYセレクターとして機能しません。
同様のスライドスイッチを使ったピックアップセレクターを持つギターには他にもギブソンのファイアーバード(ノンリバ-ス)メロディーメイカー(SGシェイプ)があります。

個人的感想として、このスライドスイッチはギターにおいてはあんまり人気が無い(搭載モデルが少ない)スイッチに分類される気がします。
しかし、トグルスイッチやレバースイッチに比べて「とっさに切り替える」という動作には向いていないかもしれませんが、逆に考えればうっかり触って切り替わってしまうというミスも少ないと言えるのでは・・・

ちなみに、ムスタングのスイッチ自体が気に入らない場合は加工が必要ですがジャズマスターのようなトグルスイッチ(横型のもの)あるいはミニトグルスイッチ(DPDTのON-ON-ON 6ピン)を増設する事になります。
テレキャスのようなレバースイッチの増設はボディ厚が不足すると思います。
(寸法的に不可能ではないですが無理をする事になります。)
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。