『フレットの再整形』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレットの再整形

この記事は「フレットのすり合わせ?」の続きです。

フレット再整形
↑いきなり何の絵だか判らないかと思いますが、私も半端で役立たずな絵を描いた事を悔やんでいます。

今日はフレットの再整形の話です。
すり合わせによって頂点を削り揃えたフレットは、程度の差こそあれ上部が平らになっています。
整形が必要なフレット

このままではちょっと楽器として問題が生じる事があります。
理由は弦の接点と関係しています。
整形していないフレットと弦の接点 
通常、弦を押弦する時はフレットの真上ではなくフレットよりもいくらかナット側を押さえると思います。
その場合、弦はフレットに左の図のように接触する事になります。

整形していないフレットは当然ですが角が立っています。
この場合はフレットの角の部分に接点ができる事になります。

何が問題なのかというと、フレットというのは基本的に中心部分(赤い点線のライン)で位置を計算されています。
そのため、弦の接点が中心部分よりもずれると言う事はそれだけ理論上の接点からずれるという事になります。
つまり、音痴になる可能性を持っているという事です。
イラストのようにナット側に接点がずれる事によっていくらか音程がフラットする(下がる)事が懸念されます。
まして、各フレットの接点がバラバラではいよいよ問題が生じかねません。
整形後のフレットと弦の接点
一方、頂上が丸い場合、弦の接点は中央に近づく事になります。
ギターはこの状態を念頭にフレット位置が算出されているはずなのでやはり頂上には丸みが必要だと思います。

しかし、必ずしも丸い頭をもったフレットばかりではないのでは?とお考えの方もみえるかもしれません。
フレットを意図的に低く削ってあるギターも多くあります。
しかしその場合でも完全に台形ではなく、頂上にはいくらかの丸みが付いているのが普通です。

フレット整形用ヤスリ
というわけで、フレットの頭を丸めるにはやはり削って丸める事になります。

物すごく簡単に言ってしまえばフレットの角を落として行くだけですので普通の板状のヤスリでも良いのですが…
ヤスリの端で指板を傷つけると非常に面倒な事が起こりますし、手間も根気も要りますので専用ヤスリを使う人も多いです。
『フレットファイル』とかいう名前で楽器屋さんに売ってたりもします。読んで字のごとく専用設計のヤスリです。

ヤスリの下部にR状の溝がついていて、そこにフレットをはめるようにして削ります。
「これがあれば簡単に誰でもフレットがきちんと成形できるか」と言うとお世辞にもそうとは言えないと思います。
フレット整形ヤスリ
左の図の赤い部分はすり合わせで揃えた頂上部です。
この赤い部分がすべて削られてしまうと、つまり頂上部の平坦性が損なわれるという事になります。
丸みをつける場合には頂上のセンター部分の高さを維持するように整形しなければすり合わせ作業を無駄にする事になり、それこそ再び背の低いフレットを作っただけで終わってしまいます
ほんの僅かに頂上を残し、それ以外の部分を整形して整えるのが肝です。
くれぐれも、フレットファイルは部分的に摩耗したフレットを再整形するために使うものではないという点を誤解されませんよう。

高さを揃えるために削られて平らになったフレット
整形後のフレット

ちなみに、すり合わせの作業後にこの整形の作業が困難なほどフレットが低くなる事が予測される場合、たいていのリペアショップでは「すり合わせ」ではなく「フレットの打ち換え(リフレット)」を勧められると思います。
(例え所有者がフレットがベタベタに低くなっても良いと主張しても)
当然と言えば当然ですが、「すり合わせ」作業の度にフレットは少なからず低くなるわけですので、いつまでもすり合わせを繰り返す事は出来ないのです。(打ち換えについては別の機会にまた触れてみたいと思います。)


整形が済んだら、整形やすり合わせで出来たフレットの傷などを#400~#1500のサンドペーパー等で磨いて整えます。
頂上にすり合わせの傷が残っていると、弦との摩擦が大きくなりチョーキングがひどくやりづらいという事になってしまいます。
人によって好みもあるとは思いますが、最後はスチールウールの#000(かなり細かい)で磨けば輝くフレットが蘇ります。
コンパウンドをつけてピカピカに磨き上げるのも良いと思います。

忘れてはいけないのは、すり合わせ後には必ずナット溝の調整も必要だという事です。
フレットの高さが変わったわけですから、ナット溝も合わせて調整しなければ片手落ちです。


以上ここまでが一般的に言う「フレットのすり合わせ」という一連の作業です。
(当然、弦を張って各部の再調整は必要ですが)
・・・すり合わせについて大雑把に触れてきましたが、だいたいどのような内容であるか分かりましたでしょうか?
本記事は直接的なすり合わせのやり方を示したHOW TO的な記事ではありません。
『すり合わせが必要な時はどのような場合か』という事と
『すり合わせとはどのような作業なのか』という事が分かってもらえれば私としては十分です。(一方的ですが…)

加えて、「すり合わせは何回まで出来るか?」という類の質問に一般論として答える事が出来ない(意味がない)点にも注意してください。
もともと打たれているフレットの高さによっても異なりますし、プレイヤーが許容できるフレットの低さのも様々です。仮に十分残っているように見えてもプレイヤーからすれば弾きづらいというのであれば「打ち換え」が必要でしょう。
さらに、軽い摩耗の段階ですり合わせを施した場合と、重度の摩耗をした段階ですり合わせをした場合では、重度の摩耗をフォローする方が沢山削らなければならないのは当然です。
すり合わせをしてもしていなくても、フレットが摩耗していく限りフレットは寿命に近づきます。
良い状態で長くプレイするための作業がフレットのすり合わせです。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。