『2ハムバッカーのバリエーション』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ハムバッカーのバリエーション

ハムバッカーを2機載せたギターというのはとても多いです。
一つのスタンダードである事は間違いないでしょう。

例えば、フライングVやレスポール、SG等はハムバッカー2つをトグルスイッチで選択する事によって
ブリッジ/ミックス/ネックの3通りの選択ができるようになっています。

しかし、ハムバッカーにおいてはコイルタップという手法でピックアップ一つを2つのコイルとみなすことで、事実上4つのコイルを持っていると考える事も出来ます。

ピックアップがからのリード線が『1芯シールド線』の場合や『2芯シールド線』の場合は構造的にできません。
1芯や2芯のピックアップでどうしてもコイルタップしたい場合はリード線を『3芯シールド線』『4芯シールド線』に交換する事が必要になります。(こちらも参照⇒『過去記事』)

今日はコイルタップのバリエーションについて考えたいと思います。
ハムバッカーのワイアリング
上のイラストはハムバッカーをイメージして描いたものです。
ピックアップのコイルと磁極の関係が図のような場合、
シリーズ(普通のハムバッカー)
赤と白の線を結ぶ事でそれぞれのピックアップはハムバッカーとして機能します。
さらに、NeckとBridgeの各ピックアップでHotとColdの線をそろえる事でミックス時にインフェイズになります。
この場合なら緑をCold(Ground)、黒をHotといった感じです。

インフェイズパラレル
さらに白と緑をColdにして黒と赤をHotに設定すればインフェイズのパラレル。
(↑パラレルのスペルが間違っていますが気にしないでください)

アウトフェイズパラレル
白と赤をColdにして黒と緑をHotにすればアウトフェイズのパラレル。

外側のコイル同士でシリーズ外側のコイル同士でパラレル
異なるピックアップのコイル同士でもシリーズ・パラレルは可能です。


もしも『A』のコイル一つだけを出力したい場合は緑と赤をそれぞれHotとColdにすればOKです。



こうやって考えていくと、一つのハムバッカーでコイルタップを含めた組み合わせの可能性は
≪A+B≫シリーズ(通常のハムバッカー)*
≪A-B≫アウトフェイズシリーズ
A+Bインフェイズパラレル*
A-Bアウトフェイズパラレル
Aのみ
Bのみ
の計6通り。
(*印の組み合わせはハムキャンセル効果あり。)

さらにピックアップが2つある場合は
6通り×2の12通りのほかに、
≪A+C≫シリーズ
≪A-C≫アウトフェイズシリーズ
A+Cインフェイズパラレル
A-Cアウトフェイズパラレル
≪A+D≫シリーズ*
≪A-D≫アウトフェイズシリーズ
A+Dインフェイズパラレル*
A-Dアウトフェイズパラレル
A+≪C+D≫シリーズ
≪A+B≫+≪C+D≫シリーズどうしのパラレル (普通のミックスポジション)*
《≪A+B≫+≪C+D≫》シリーズどうしのシリーズ*
≪A+B≫+C
≪A+B≫+D
≪B+C≫シリーズ*
≪B-C≫アウトフェイズシリーズ
B+Cパラレル
B-Cアウトフェイズパラレル
≪B+D≫シリーズ
≪B-D≫アウトフェイズシリーズ
B+Dインフェイズパラレル*
B-Dアウトフェイズパラレル
(まだあるのですが・・・)

沢山挙げましたが、現実問題として実用的な意味のある組み合わせは限られます
隣り合ったコイルのアウトフェイズシリーズ≪A-B≫や≪C-D≫なんかは音がか細く小さいだけでわざわざ使う必要があるとは思えません。
(理屈ではノイズだけは2倍)


コイルタップで良く使われるバリエーションはコイル一つだけを鳴らした疑似シングルコイルサウンド
A+DB+Cのように異なったピックアップのタップどうしのハーフトーンでしょうか。

コイルタップしてコイル一つだけを鳴らした場合、回路的にはシングルコイルなのですがコイルの直流抵抗値や磁界の形等様々な要素があってシングルコイルその物の音にはなりません。
しかし、とりあえず音がシングルコイルに近づくためバリエーションとしては割と人気があるようです。

さらにフェイズアウトも考慮に入れるとどんどん選択肢が増えてしまうのですが、カスタマイズをする場合は欲張らずにまずは「欲しいサウンドだけ出ればいいや」と考える事をお勧めします
↑反面、『それが分かれば苦労は無い』というご意見もごもっともです。

続く

スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。