『スイッチあれこれ1』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイッチあれこれ1

これと言って目新しい内容ではないと思いますが、一応押さえておきます。
良く使われるスイッチの機能について。

ON-ONスイッチon-on

ON-ON-ONスイッチon^on-on

ON-OFF-ONスイッチon-off-on

スイッチというのは慣れないと複雑でややこしいもののようですが、実際には単純な動作しかしていません。
上のイラストはミニトグルスイッチをイメージしています。
どれも同じ6ピンなのですがそれぞれON-ON、ON-ON-ON、ON-OFF-ONと異なった動きをします。
間違えて使うと全く機能しない事も多いので注意が必要です。
スイッチポットについているスイッチは基本的に上記ON-ONと同じものです。
上に示したスイッチは2極双投(DPDT=Doble Pole Doble Throw)スイッチ等と呼ばれたりします。
真ん中の端子を中心にその隣の端子を選択的に接触して導通させます。



レスポールやSG、ジャズマスターにも使われているトグルスイッチです。
トグルスイッチボディ厚の関係からレスポールには縦型、ジャズマスターにはL字に曲がった横型が使われています。
省スペースの縦型のショートタイプもあります。

2回路を開けたり閉めたりするだけの単純なスイッチですがピックアップ2つを選択するには十分な機能を持っているため多用されます。
ほとんどの場合は3と2の端子はショートさせて(つなげて)使う事が多いでしょう。
構造的に端子本体のバネ性で持って動作を担っているため外的な要因などで曲がり等を起こすと途端に機能不全を起こします
接触が悪くなった端子は再び曲げて調整(修正)することで再生する事もあるのですが、基本的に完全復活は難しいです。
全体が完全に露出しているためホコリなどの影響も受けやすいようですが、逆に掃除しやすい面もあります。

レバーをちょっと触っただけで切り替わってしまう事があるため、キング・オブ・誤作動
固定のためにガムテープ攻撃をされがちです。
もちろん付いている場所にも因るのですが。



レバースイッチ
3WAYレバースイッチ5WAY レバースイッチ
ギター関係でレバースイッチと言ったら多分これの事です。
テレキャスターやストラトキャスターについています。
3WAYお5WAYがありますが、そもそもは同じものです。
3Wayだったものを端子をショートする位置で止まるようにした物が5WAYです。
3WAYでも5WAYでも2回路3接点という回路構成で8本の端子を持っています。
イラストで端子が4本ですが、裏側にも同様の端子が4つあると思ってください。

*イラストでは勢い余って1番の端子が切れてしまうところまで回っていますが、実際には1番は常時接触しているので注意してください。
使いようによってはかなり守備範囲の広いスイッチです。

4WAYレバースイッチというものもあり、使いようによっては面白いのですが何故かあまり流通していません。
これは2回路4接点
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。