『6WAY FREE-WAY SWITCH』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6WAY FREE-WAY SWITCH

フリーウェイスイッチの話
フリーウェイ横向き
フリーウエイ水位置
スイッチ背面は非常にシンプルで端子は6本だけです。
中をバラした事がないので詳しい機構・構造についてはちょっと私には判りませんが、2回路構造のようです。
(そのうちバラしてみたいのですが…)

端子は間隔も十分に空いており、配線作業は比較的やりやすいです。
少なくともミニトグル等よりはスペース的余裕があります。

背面にはご丁寧に端子の番号がふってありますので間違いも少なそうです。
(この貼ってあるラベルの向きを信用すればの話ですが…万が一逆に張ってあったりしたらかなりの罠です)

で、実際のスイッチ動作ですが
フリーウェイスイッチ端子
左のようにスイッチしてくれます。
レバーが右上に来ている時が1番のポジションです。

機構が目視で見えないのもあってパッと規則性を把握するのが難しいですね。
(少なくとも私にとっては)
もうちょっと組み合わせが直観的に解かる方法を考えます…
じゃないと自分で回路図を描いてサーキットをアレンジする事もままならんので。

*販売元のPDFがあります。⇒http://www.stewmac.com/freeinfo/i-0040/i-0040.pdf
↑このPDFに書いてある本体寸法が間違っていると思われますのでご注意。

とりあえずPDFに記載の配線例に沿ってSGを例にやってみました。

下のイラストはSGのザグリだけを裏側から見ていると思ってください。つまり下側が1弦側上が6弦側ネックは左側です。
SGでの例
PDFのCoil Split Scheme(Outer Coils,Twin Vol/Tone)という配線にしてみました。
が、PDFでは何か理由があっての事なのかVolポットの端子の使い方が2番と3番が逆に繋がれたジャズべ配線でしたのでとりあえず通常のSGのように取り扱いました。

ピックアップは4芯シールド線(4コンダクター)を念頭に描いています。
ピックアップはブリッジ・ネックとも緑=COLD 白・赤=タップ線(シリーズリンク) 黒=Hotという設定でミックス時に通常通りインフェイズとなる前提です。
(ちなみに、AとDのコイルが緑と赤、BとCのコイルが白と黒です。セイモアダンカンの4芯と同じ配色です。)


これで
1 ネックハムバッカー
2 ネックとブリッジのミックス
3 ブリッジハムバッカー
4 ネックのタップ
5 ネックとブリッジのタップどうしのミックス
6 ブリッジのタップ
となります。
注意点として、水色の線をスイッチ本体にも繋ぐ必要があります。スイッチ本体のアースをとるためです。
水色の線が繋がっているCOM-2端子だけでは本体のアースは取れません。
また、ピックアップのシールド線のシールド部分も描いてありませんが、やはりどこかアースの取れる部分に繋ぐ事になります。

PDFの配線例にはOuterCoilsとありますが、実際にやってみるとSGやレスポールのようにネック側のピックアップがブリッジとは逆向きについている場合はタップしたとき外側同士のコイルになりません。
上の絵で言うとタップ時に生きるコイルはコイルAとCになります。
5のポジションでもハムキャンセルが発揮できます。

ちなみに、エピフォンのSGで試験したのですがとりあえずスイッチは問題なく納まりました。
しかしどのSGにも問題なく納まるかというのはちょっと確証がありません。
ちょっとザグリが小さかったらスイッチの角が壁に干渉していたかもしれない位置でした。

さらに、通常SGのトグルスイッチは弦に対して垂直方向に操作するになっている場合が多いと思うのですが…
このスイッチはスペースの都合で操作方向を90度回転した状態にする必要がありました。
レバーをネック側に倒した時にネックピックアップを選択するようになります。

とりあえず今回導入に問題はありませんでしたが…
自分としても面白そうなので時間をみてもう少しこのスイッチについて考えたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。