『ジャパンビンテージ』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンビンテージ

私が好きなブランドの一つにテスコというのがあります。

私が初めて見たのは90年代の後半だと思います。
楽器屋さんに吊られているのをみて目を奪われたのを覚えています。
当時の私はギターに興味が湧き始めで、レスポールはテレキャスターの仲間だと思っていたような頃です。
今思えばあれは復刻生産されたものだったんだと思います。

吊るされていた真っ赤なキャンディアップルレッドと青味の強いキャンディブルーのギターを見て何とも言えない感覚を覚えました。
他のギターに比べやたらとデカくカラフルなスイッチがいくつも付いており、ピックガードはアルミでしかも縞模様…
「カッコいいような…あんまり良くないような…」
当時の私にはあまり理解できなかった部分があった事は確かです。
TEISCO
でも、今見るとあらためて面白いです。
その一つに、K-3LやK-4Lに搭載されているトレモロユニットがあります。
(画像は60年代製K-3L)
トレモロアームは遠目にはSG等についていたものと似ているかもしれません、しかし構造はビグスビーとジャズマスターのトレモロの中間のような感じです。
トレモロの効き方もジャズマスターのそれと似たフィーリングがあります。
ブリッジからテイルピースまでの角度が浅い事も似ています。(ジャズマスターの方が角度はやや浅い)
テスコ ブリッジとサドル
ブリッジサドルはジャズマスターのようなスパイラルかと思わせて
実際にはオクターブ調整ネジが両端ともブリッジに固定されている点でチューンオーマチックのサドルのような構造でもあります。
弦が載るサドル部分はころころと回転するようになっており、いわゆるローラーサドルです。
これにより、トレモロ使用時のチューニングの狂いを軽減しています。(ちゃんと回ってればですが)
コマの大きさに違いは無く、ブリッジプレートについたアーチで指板Rに対応しています。
面白いのはブリッジが上から4本のネジで吊り下げられている点です。
(4本のビスの締め具合をきちんと管理しないと遊ぶネジが出てきてビビリだす)
テスコトレモロ
トレモロは調子に乗ってアップしすぎるとトレモロユニットのカバーに干渉してカバーを押し上げてしまいます。
カバーはストラトのブリッジカバーのように本体の弾性で持ってはまっているだけですのでそのまま押し上げられると『パツーン』とはじけ飛んでしまいます。
でもこれはそもそもそんなにアップしてはいけないのだと思います。

60年代の日本製のこのギター…
アイデアと工夫とが満載されたこのギターには、どうしても特別なオリジナリティーと魅力を感じてしまいます。
(もちろん、元になるアイデアが他にあったとしても)


宣伝:
3月中は『フレット打ち換え(リフレット)』の作業を値引き中です。
無塗装指板に限り基本料金を1割引きでお受けしております。


詳しくはこちら→『ローズ指板・エボニー指板限定 フレット打ち換え!!(リフレット)』
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。