『ジャガーとジャズマスターのアーム』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガーとジャズマスターのアーム

ジャズマスターのアームがポロリと抜けてしまうという問題があります。
私も昔ライブ中にアームがポロリと落ちて足元のモニタースピーカーと床との隙間に滑り込み、ライブ終了後に次のバンドが準備する中一人ゴソゴソと探した経験があります。
ハッキリ言って無様でした。

ジャズマスターのアームは抜けやすい」と言ってあきらめている方もいるかと思うのですが…
今一度構造を確認してみたいと思います。

アームを受ける爪
画像はトレモロユニットを裏側から見た物です。指を指している部分がアームを受ける穴の部分なのですが、ご覧のように先端が4枚に分かれています。
ストラトのようなネジなどは切ってありません。
ムスタングのように固定のためのネジもありません。

その穴に上部からズボっとアームを刺すだけ…なのですが…
奥までアームが刺さる
解かりやすいようにアームの部分だけを赤く塗ってみました。気持ち悪い色ですね。
奥までアームが刺さっていない
上の絵と下の絵の違いは何か?
アームが深く刺さっているかどうかです。実は下のような刺さり方だとアームは一旦は固定されるのですが、ちょっとアームを動かすとたちどころに緩くなってしまいすぐに抜けてしまいます
正しくは上の画像のようにようにアームの先端が下側に飛び出している必要があります。
そもそもはアームの曲がり始めのあたりまでは十分に刺さるはずです。

刺さりにくい場合はアームをぐりぐりと回しながら押し込んでみます。
場合によっては結構な力が必要になったりします。

このアームは最初の画像の4枚の爪状の金属板の部分が内側にわずかに狭められている事でアーム本体との摩擦を得て止まる仕組みになっています。
ジャズマスターアーム New
アームはイラスト下部の赤丸部分でのみ固定されているという事です。
穴自体はそれなりに長いのですが先端部分のわずかな接触部分だけがアームが抜けるのを押さえている事になります。
しかもその力は爪の部分のバネ性に頼っている事になります。

ジャズマスターアーム すっぽ抜ける
そのため上のイラストのようにアームがギリギリ止まる位置で刺すのをやめてしまうと、ちょっとしたはずみでアームが上に押し出され、全く保持してくれなくなるという事が生じます。

少しだけ明日に続く
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。