『ギターの色』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターの色

懲りずにギター塗り絵を流行させようと頑張ってみます。

SG塗りえ
GIBSON SG
ギブソンのギターによく見かける赤いシースルーの塗装、
いざ塗り絵として塗ってみると全然表現できていない…
全然透明感が無く、味噌汁のお椀みたいになった。
あと、ノブの色が半端。どんなノブを想定したのかも不明確。
ボディはSGのシャープなデザインを際立たせようとそれなりに細かく塗ったつもりなのですが
ポジションマークをうやむやに塗ったために著しくシャープさを欠く結果に…
見せ場なのでキチンと塗りましょう。

このGIBSON SGというギター。
当初はレスポールモデルの新型として開発され、名前もレスポール・スタンダードだったという事ですが…レスポールモデルとは全然違いますよね…

ミュージックマスター塗り絵
ミュージックマスター
今度は気まぐれにレリック仕様に塗ってみる。
赤べっ甲のピックガードを表現したかったのですが力尽きて変な妥協をした事が反省。
相変わらず弦を描くのがしんどいです。
ストラップピンの存在を無視してしまっています。
背景に特に意味はありません。

クリーム色に塗りましたが、もとは白いギターが黄ばんだ様子を表現したかったのです。
エルボーのあたりは擦れて塗装が禿げて木地が露出状態ですがその周辺には元の白が顔を出す事になります。
ネックも押弦頻度の高い部位は長年のプレイではげていきます。
メイプルはもともとは白っぽい木なのですが、塗装が禿げて指が直接触れるようになるとたちまち黒っぽく汚れます。
汚れの内容は、皮脂、手垢、弦とフレットが擦れてできた金属粉、等だと思います。

ミュージックマスターはメイプル指板の時期にはゴールドアノダイズドのピックガードだった様な気がしますが、今回は気まぐれに赤べっ甲ピックガード。(ローズ指板の時期にはホワイトカラー+赤べっ甲ピックガードもあり)
旧型のミュージックマスターは後期のムスタングスタイルになってからとはボディシェイプが結構違います。
DUO-SONICとの違いはピックアップの数。


↓下絵です。
SG塗り絵 下絵Musicmaster 下絵
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。