『シングルコイルには250kΩ?』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルコイルには250kΩ?

「ストラトに500kのポットをつかうと問題があるか。」
「レスポールに250kのポットを使いたいけど問題あるだろうか。」

と聞かれたら

「問題はありません。好きにしていただいて結構です。」

と答えると思います。(まあ実際にはそこまでそっけなくは言いませんけど…)



とはいえポットなら何でも同じであるという意味ではありません。

ポット抵抗値は最もよく使われている物で250kΩの物と500kΩの物があります。
おそらくこの2種類の抵抗値が最も多く使われていると思われます。

他にも1MΩ(1000kΩ)、300kΩ、100kΩ等も使われています。
アクティブ回路を使ったギターでは50kΩや25kΩのポットも使われています。

ポットの数値を選ぶ際に一般論として
『シングルコイルの場合は250kΩ、ハムバッカーの場合は500kΩ』
という考え方があるようです。


そもそも「ポットの抵抗値を選ぶ」という事がどういう結果をもたらす物なのかを考えてみます。

下の絵はボリュームポットがピックアップのとジャックに挟まれた位置にあると仮定しています。
アースに落とすポット
実体配線図の下に2種類の回路図が書いてあります。
下の二つの回路図の違いはなんでしょうか?
中段の回路図にはピックアップからジャックまでの間にボリュームポット(可変抵抗)が回路に書いてありますが、下の回路には、ただ抵抗が伸びてアースに落とされています。

ボリュームポットが全開の位置で止まっている場合、この二つの回路は事実上同じ回路です。

二つともピックアップとジャックの間で500kΩを通してアースに落とされているという事になります。
ボリュームは全開の状態でも常にポットの抵抗値を介してアースに落ちています。
この500kΩの値が小さくなれば、ピックアップからの信号はよりアースに落ちやすくなるという事です。
500kのポットよりも250kのポットの方がアースに落ちやすいという事です。
これは抵抗値が低いのですからある程度感覚的にも理解できると思うのですが…

ポットの抵抗値が低いとボリューム10の時でも信号はいくらかアースに流れている事になり
ポットの抵抗値が高い方がボリュームを10にしたときの音はある意味たくさん残る事になります。

トーンがある場合も同じです。
中段の回路図と下段の回路図はボリューム・トーンが10の時には同じ回路であると言えます。
アースに落とすポットトーンも
この場合のトーンはやはりポットの抵抗値を介して、その先のキャパシタ(コンデンサ)を通ってアースに落とされる事になります。
キャパシタは高周波信号(高音域)を通しやすいため、ここでも高音域は減少する傾向にあります。
ポットの抵抗値が高ければ、あるいはキャパシタの容量が小さければそれだけ高音域の減少は少なくなる事になります。
つまり、ボリュームを使わない人であっても、ポットの抵抗値を選ぶ事でボリューム10の時のサウンドを選んでいる事になります。


シングルコイルには250kハムバッカーには500kという話も、ルールではなく『ただの目安』です。

ハムバッカーだからと言って500kでなければいけない必然性などは特にありません。

そもそもピックアップのそれぞれの持ち味は様々です。
『ハムバッカーはシングルよりも高音が少ない。』
『シングルは高音が強い。』
という考えはおおむねでは正しいと言える部分もあるのですが、常に真実であるとは言えません。
そもそも高音域の少ないシングルコイルや高音域の強いハムバッカーだってあります。

つまりこの点を逆手にとってサウンドをコントロールする事も可能です。
300kや250kのポットを使う事でより落ち着いたトーンを得られるかもしれません。
1MΩを使う事でより締まったサウンドを得られるかもしれません。
ボリュームやトーンを外してしまう事でより固いサウンドになるかもしれません。

こういう物は組み合わせの相性の問題なので、セオリーをあてにしてよい結果が得られるとは限りません。

欲しいトーンに合わせて必要に応じた物を選択する事が望ましく、それは実際にポットを取り付けて音を聞いて選択するしかありません。

同様の理由でトーンやボリュームにAカーブを使うかBカーブを使うかという選択もセオリーだけでは上手くいいかない事も多いです。
ピックアップの音は非常に複雑な成分で出来ており、それらの違いでトーンやボリュームの効きに違いが生じる事は普通です。
トーンやブリュームに不満があればやはり違う数値またはカーブのポットを試す事も必要かもしれません。


ポットは実はプレイヤーの好みを反映させても良い部分です。


…ちなみにアクティブ回路を使ったギターの場合は指定の抵抗値のポットを使わないと大抵まともにコントロールできませんのでご注意を。原則として指定の規格・数値のポットを使うようにしましょう。


ポットの話まだ続く。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。