『ギターを作る人々、弾く人々』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターを作る人々、弾く人々

前回のジャックホワイトギターを作っている人は世界にはわりと沢山いるようですね。


エレクトリックギターは非常にシンプルな構造で音を出していますのでこういった遊びも非常に楽しい物です。

こういうのも個人的にはワクワクします。


要は音が出れば何でも楽器ですよ。


音を聴いて気持ちが動けばOKというルールで良いんじゃないでしょうか。

どう弾こうと自由。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

質問

ギターのポッドって色々ありますが国産のポッドかCTS製のポッド耐久性や音質どっちが良いんですか?

Re: 質問

こんにちは。
当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

> ギターのポッドって色々ありますが国産のポッドかCTS製のポッド耐久性や音質どっちが良いんですか?

最初に、私から結論として『どっちが良い』という事は申し上げにくいのが実際です。

まず“どっちが”という比較はやや乱暴なものかもしれません。
一口に“国産”と言ってもポットを作っている会社は日本国内だけでも複数有ります。
日本のメーカーの物が全て同じ品質であるわけではありませんので、CTSとの比較をするならメーカーあるいはブランド別になろうかと思います。
とはいえ、事実上ギターに使われている“ミリ規格のポット”はどれも同じ“国産”ものとして呼ばれる風潮がある様な気がしますが…、それぞれの実際の生産国も不明な部分がありますし、必ずしも国内生産ではないと思います。
そういった意味で、仮にJIS規格などの規格に適合していた製品であっても、CTSよりも耐久性が高い製品もあれば低い製品もあると思います。
ただミニポットやスイッチポットは一般的な大きさのポットに比べて機械的耐久性が低いと感じる事はあります。
ただ、使い方の問題が最も大きいように思います。

肝心の音質に関してですが…一部の粗悪品を除けばあんまり関係ないのではないかと考えています。
ポットは実際にそれぞれの端子での抵抗値を測ると数値にハッキリとした“誤差”と呼んでいいのか悩むほどの差があるものです。そのためメーカーの違いもさることながら同じブランドの中でも個体差の方が大きいのではないかと…

また、たいてい楽器屋さんで手に入るミリ規格のポットはシャフトが比較的軽く回る物が多いのですが、反対にCTSの物はやや重い物が多いようです。(それでも段々と軽くなっていくのですが)
操作性も関係してきますのでそういった面から選択される方もいます。
あとは質感として、「なんとなくCTSのポットは各パーツの質感などが好き」という事でもありだと思います。
(私は大事だと思います)

あまり期待されたような返答ではないかもしれませんが、今お応えできる範囲ではこのくらいです。

もしもまだ疑問やご質問などございましたら、メールアドレスの方にお問い合わせいただければ可能な範囲でお答えさせていただきたいと思います。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。