『自由研究ピックアップを作る(まとめとヒント編)』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由研究ピックアップを作る(まとめとヒント編)

先日からの続きです。
安価で簡潔なピックアップを作って遊ぼうという実験です。



動画あるんなら先に出せよ…
と思ったのですが、切りが悪いので後回しになってしまいました。

動画の後半ではギターの弦以外の物の音も試しに拾っています。

ギターのピックアップは基本的にコイル周辺を取り巻く磁界の変化を音声信号として出力しています。
そのため、磁石にくっつく物なら何でも振動を音として拾う事が出来ます。
動画の中の缶のフタ・スケール・音叉はいずれも磁石にくっつく「磁性体」が素材になっています。

色んな物の音をアンプを通して聞いてみると思いのほかカッコいい音が聞けるかもしれません。

また、今回のようなギターではピックアップの位置は構造的な制約を受けません。
一般的にピックアップは指板よりもブリッジ側にあるため、通常は押さえたフレットよりブリッジ側の振動を拾っています。
試しにスライドバーで押さえた位置よりもヘッド側(ヘッドなんか無いけど)にピックアップを置いてどんな音がするか試してみてください。(ピッキングの位置はいつも通り)

余談ですが
ギター用ピックアップに限らず、録音や歌に使うマイクも実は同じ原理を使った物があります。
マイクは主にダイナミックマイクとコンデンサマイクが広く使われていますが、そのうちダイナミックマイクはコイルと磁石と微細な空気振動も拾う薄い板によって構成されています。
マイクの中の薄い板は磁性体で、ギターで言うところの弦に相当し、この振動をコイルで電気信号に変換しています。
SHUREの57や58といったライブハウス御用達のマイクはこれに該当します。

ちなみにコンデンサマイクは違う原理で動作しています。(文字通りコンデンサの原理を応用しています)


スピーカーはダイナミックマイクの逆の原理で、コイルに信号を流す事で磁界を変化させ、その磁力でスピーカーの振動膜を振るわせて音を出す仕組みになっています。


そう考えると、コイルや磁石を研究する事は色んな物の理解が深まり身近に感じるようになるかもしれません。

ちなみに動画の終わりにも書きましたが、今回作ったコイルに乾電池等で直流電流を流すと電磁石を作る事が出来ます。
しかし調子に乗っているとコイルが思いのほか熱くなる事があります。
私は小学生の頃、家で電磁石遊びをしていて実際に軽い火傷を負った事がありますので、くれぐれも注意してください。

また、同様の理由でギター用ピックアップに乾電池等の直流電圧をかける事はお勧めできません。くれぐれも。

また、強い磁石は携帯電話等をはじめ精密機器に近づけすぎると損傷を起こす事があります。
特にネオジウム磁石の扱いには十分注意してください。

<まとめ>

今回のピックアップを実際に作ってみた方はいかがでしたでしょうか?
何となく解っていた事でも実際にやってみると意外な発見があったりしなかったでしょうか?
また、ギターのピックアップにたいする見方が多少変わったりした方は居ませんでしょうか?

作ったピックアップの音を聞いて、「何だ、ピックアップってこんな簡単な物だったのか」と思ったでしょうか。
それとも「ギター用のピックアップはやはり精錬されているんだな」と思ったでしょうか。
新たにわからない事も出てきたかもしれません。
いずれにしろ何か感じたり考えたりしたのであれば、少なからず理解は深まったといえるのではないでしょうか。

まだ試していない人は、いつでも気が向いた時に実験してみてください。
どうせ大人には夏休みなんか無いので…


なお、この実験に関する「ここをこうするとどうなるのか」といった類いのご質問は受け付けません。
それを確かめるのが自由研究ですので(笑)基本的には試行錯誤をしていただく事になります。
また、くどいようですが怪我等には十分注意してください。
このブログの記事を参考に作業して起こったいかなる問題に付いても責任は負いかねます。

終わり
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【自由研究ピックアップ】

先日からの続きです。安価で簡潔なピックアップを作って遊ぼうという実験です。動画あるんなら先に出せよ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。