『ギターが出来るまで』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターが出来るまで

突然ですが、私のところには
「ギターの作り方を教えてください」とか
「自分でギターを作っているのだけども工程のアドバイスが欲しい」といった内容のメールをいただく事が有ります。
可能な範囲でお応えしたいところなのですが…なかなかそういった部分では細かな対応は難しいというのが正直なところです。

また、お客様と直接お話をしている時にもギター製作の工程に興味がある方は多いようで、
普段見えない裏側に興味がわくのはある意味当然だと思います。

最近はYouTube等にも様々なギター製作動画や、工場ツアー動画があるので、そういった物を覗いてみるのも面白いと思います。
ただ、動画を見ただけでは何がどうなっているのか判らないという事もありそうですので
今回はYouTubeを使ってギター工場のを見学し、同時に私なりの補足解説なんかを加えてみようという試みです。
オープンになっている部分を見ただけでだけで何でもわかるわけではないと思いますが、参考になる部分や発見があるかもしれません。

第一回は
いきなりフェンダーです。
フェンダーは古くから工業製品としてのギターを製造しているイメージがある方は多いのではないでしょうか。
どんな様子で作られているのでしょうか。
*1/25追記*
記事公開から数時間の間、フェンダー工場ではない間違った動画が貼られていましたすみません…本当はこっちです


1:11~
加工前の木材が並んでいます。いかにも木工加工機械といったグリーン機械が並んでいます。
エリアの天井付近からはミストが出ていて過度な乾燥による木の伸縮を防いでいるという事です。
木は乾けば良いという物ではないという事ですね。

2:00~ 板状のネック材にトラスロッドを仕込むための溝が既に掘られています。
ヘッドの形はまだ切られていませんが既にペグを取り付けるための穴はあいています。
ローズ指板はこの段階ですでに表側に貼ってあるのが確認できます。
ヘッドの形が切り出される前に既にヘッド面と指板面との段差は設けられていますね。
2:05~からの画像で作業しているのはトラスロッドをヘッド側で調整するタイプで、ネック背面にスカンクストライプのあるタイプということになります。

2:30~ 
手動のプレス機で「ストレステスト」をしています。
過酷なコンディションに耐える素材である事をこの段階でチェックしているようです。
ネック材がこれほどグニャリと曲がる様子を見た事のある人は少ないのではないでしょうか。
ハードメイプルという木は「堅い」という認識の方は多いと思うのですが、実は柔軟性も非常に高く、そういった面でしなやかな強さも持った木ですので床材等に使われる事も多い木です。
この場面では既にヘッドストックやネッグリップ等の荒加工が完了しているようです。
ポジションマークの穴はあいていますがフレット溝や指板面のR加工はまだのようです。
指板接着面の様子からこのネックはスラブボードのトラスロッドはエンド側で調整するタイプという事がわかります。

3:23~
男性が白いローラーの上を転がすようにボンドをつけています。
今度はスカンクストライプの無いタイプのローズ指板ネックの画像のようです。
既にトラスロッドは仕込まれ、表面に指板のローズウッドを貼付ける場面です。
背面にスカンクストライプのあるタイプとは指板を貼るタイミングが異なるという事がわかります。
背面にスカンクストライプのあるネックでは、先に指板を貼ってしまう事で、その後はメイプル1Pのネックと同じ工程を使えるようになっていると思われます。

3:44〜
フレット打ちの場面ですね。
まず、ハンマーで指板にフレットを仮打しているようです。
その後にプレス機でフレットを押し込んでいます。
指板面は整えられていますが、ネックグリップはまだ荒加工のままのようです。その他の部位の研磨等も行われていないように見えます。

4:03~
CNCルーターと呼ばれる機械でボディを加工しています。
ルータビットの先端と台の分が数値プログラムによって制御された動きをする事で決まった形にザグリやボディ外周を切り出します。
ヘッドストックやトラスロッド溝等の加工もこういった機械で行われていると思われます。

フェンダーのようなフラットトップのソリッドギターのボディはこういった加工で多くの加工が完了します。
しかし、この手の機械だけで十分な美しいし仕上げを得るのはかなり困難で、実際には配線穴や記事表面の研磨等をやはり別に行う必要があります。

6:18~
ボディを棒状の機械にこすりつけているように見えますが、これは研磨工程のようです。
回転する軸に円筒状のサンドペーパーがついているもののようです。
このシーンは木地の研磨ではなく、塗装の途中工程でのサンディングと思われます。
サンディングには部位によって実に様々な研磨機が使われます。
また、どうしても機械では精度が出しにくい部位や、磨きにくい部分は手作業で研磨されます。

6:21~
次のシーンではもうバフ研磨作業の場面になっています。
バフ研磨は布等で出来た円盤状のバフホイールを高速で回転させてそこに被研磨物をあてる事で艶を出す工程です。
同時に研磨粉やワックス等を併用している物と思われます。
ギターのピックガードを外した時に、ザグリの中に黄色っぽい粉のかたまりのような物が残っているのを見た事がある人もいると思います。または、細かな繊維状の物が混ざっていたかもしれません。
これらはこのバフ工程で生じるバフホイールの繊維くずと研磨粉のカスです。

製品状態でこの粉状のものが結構無頓着に残っているギターがあるのですが、カビや塗装異常ではないのでご安心。
(とはいえ無い方がすっきりしますけど)

バフ研磨の前には一般的に高精細なサンディングが必要です。
バフは塗装工程の最後の仕上げとして行われる物です。
ただし、鏡面仕上げの物のみにある工程で、艶消し仕上げ等のギターには基本的に行われません。

6:43~
組み込み・セットアップの工程ですね。
一瞬ですが…弦を張ってハイポジションを押さえ、6フレット付近に何か板状の物を差し込んでいる男性が映っています。弦高やネックの反りが基準の範囲であるか否かを確認するためにこうした地味な作業が続きます。


…と今回の紹介はここまで。
次もフェンダー工場の別の動画を使って製造の現場の事を考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。