『ギターが出来るまで2 (Fender)』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターが出来るまで2 (Fender)

雑誌等でもたまにファクトリーレポートが載る事もあると思いますが、写真だけ見ても何をやっているところなのかよくわからないという事はあるんじゃないでしょうか。
わざわざ説明されない部分もちょっと詳しくわかれば、そういう雑誌の記事もより面白く見えるのでは…。
等と思い、この記事を書いてます。

昨日の内容と似た感じですが…
今回もフェンダー社、カリフォルニア州コロナ工場の様子。
結構古い映像のようですので先日の工場動画と比べるのも面白いかもしれません。
かなり駆け足な動画ですが前回の動画よりも工程の様子が分かりやすいかも知れません。
(工場の様子を見てもギターが作れるわけではないですが…)


0:44~
例によって材料となる木材から、

0:55~
NCルータでの加工。複数の材を同時に加工しているようです。
材の木口に矢印が書いてありますが、表面を指定しているんでしょうか。
この段階でボディ表裏のザグリ(キャビティー)とボディ外周の輪郭を削り込む形でくりぬいています。

1:35〜
ボディの輪郭が抜けたら不要になった外枠を取り除いています。
その後、今度はボディの角部分の面取Rを専用形状のビットで加工しています。
ストラトキャスターにはテレキャスター等よりも大きな面取りが施されています。

1:45〜
加工が終わったボディのザグリ深さをノギスで計測しています。
プログラムでコントロールされているんだからいちいち計る必要ないだろうと思うかもしれませんが、ボディを機械にセットしているのは人間ですので、当然誤差が生じる余地は大いにあります。
また、加工するビットは摩耗等でサイズが変化する事もありますので「同じプログラムで同じビットを使って加工すれば何百枚でも同じ物が加工できる」という事にはなりません
まして相手は木材ですので、やはり人間の注意と工夫と結果の検査は不可欠です。

1:56〜
Ncルータあがりのボディに何やら金属製の道具をはめ込んでいます。
見たところキャビティにぴたっとはまるようになっているようですが…
おそらくドリル用のテンプレートでは無いでしょうか。
ネックポケットの4つの穴とシンクロナイズドトレモロを取り付ける6個の穴を正確に空けるためにドリルのガイド(案内役)として使う物かな?と思います。(違ったら済みません。使ってるシーンがあれば良いんですが、この動画には無いです)

2:00~
プレーナという機械で板の厚さを整えているようです。
貼り指板用のメイプルのようです。

2:04
今度はネック材をNCルーターで加工。
トラスロッドの溝を掘っているようです。

2:16
ロッドは裏や表から溝を掘るだけでは仕込めないので、ボディエンドやヘッド側からドリルで穴をあける必要があります。
ブレ等が生じないように金属のガイド穴を通じて穴をあける仕組みになっているようです。
トラスロッドは一般的に湾曲して仕込まれているので、当然この穴はネック材と平行ではなく仕込まれるロッドの角度に合わせて空ける必要があります
そのためこのドリルはそのような穴があくように設計、または設定されている物と推測します。
その後、ロッドを仕込み、指板を接着しています。

2:30
指板の接着が完了した後、ネックグリップの荒加工を機械で行っています。
この機械は「ならい」でしょうか。
回転しながら複数のネックを同時に削っています。

2:47
再びNCルーター。
ヘッドストック等を切り出しています。

3:03
この段階では指板はまだ平らなままです。
今度は専用のRのついた刃が高速回転している機械で指板面のRを切り出しています。

3:10
この機械は指板面の研磨をしているんだと思います。
カットされたままの指板面はある程度荒れている事が予想されますのでやはり研磨が必要です。
セットされた指板の上にベルト状のサンディングペーパーが走っていて上からRのついた定盤でベルトごと押さえる事で指板面のRを整えながら研磨していると思われます。
押さえたり離れたりという動作をしているのは、一気に長時間押さえると指板に熱がかかる事と、研磨粉がこびりついて仕上がりが悪くなる事を避けベルトの耐久性の低下も軽減する意味だと思います。

3:27
フレット打ち前の溝を整えているんだと思いますが…彼が全てフレット溝をああやって切っているわけではないと思います。
おそらく研磨後の溝をクリーニングしつつ溝の深さを一定にチェックしているんじゃないかと。
ポジションマークも打たれていますね、指板面のコンディションを整える工程という事でしょうか。

3:39
サイドポジションの穴をあける機械。一辺にやっちゃうんですね。これは便利。

3:47
フレット溝に接着剤のような物を入れてますね。
その後、やはりハンマーで仮打ちしてプレスで圧入しています。

4:01
フレット打後には指板からフレットが大きく飛び出していますが、この機械で一気にフラッシュ(面揃え)。
この機械が刃物系なのかヤスリ系なのかは不明ですが、便利そうです。
ちなみに、私の工房では1本1本ペンチのような物でカットしてヤスリで揃えるように作業しています。(なかなかにめんどくさいです)

4:04
このシーンが何をやっているのか不鮮明でよくわかりませんが…
ナットが付いているように見えますので、取り付けたばかりのナットの指板から飛び出した端を切り落としているのかも…

4:12
木地の研磨工程ですね。
色んな道具でボディの各部位を研磨しています。
NCに限らず、ルータービットで加工した物は多かれ少なかれ表面が「荒れる」事になります。
木には繊維方向がありますので、一方向に回転するビットでボディ外周を一周するとどうしても「逆目(さかめ)」の状態で加工しなければならない部分が生じます。
そのままでは美しい仕上がりは望めないので、やはり研磨は必須です。
見た目だけの問題ではなく、塗装の際の塗料の吸い込み等にも影響がありますので、たとえ塗りつぶしでも研磨します。


4:48
塗装ブースですね。
着色が行われているようです。
既にピックアップキャビティー内部は黒く塗られているようですが、多分導電塗料が先に塗ってあるのではないでしょうか。
本来は木地研磨の後いきなり着色したりはしないと思います。
ヤニ止めと塗料の密着を良くするためのシーラー
アッシュボディなら導管を埋めるためのフィーラー(目止め)
着色前に滑らかな下地を作るためのサンディングシーラー
その後に着色となるのがほとんどではと思います。
この辺りは仕上げの仕様によってはさまざまな工程があり得ます。

4:56
黒くスプレーされたボディの向こう側には滝のように見える部分がありますが、これは水を使ったフィルターのような働きを持ったブースです。
塗料の余分なミストを水ごと取り込んで跳ね返りやダストの飛散を抑制します。
水はその後に濾過されて循環し、取り込まれた塗料ミストは貯められて廃棄物として処理されるようです。
フィルターだけ通して煙突から排気するといった設備はアメリカ、もしくはカリフォルニア州では法律があって認められていないという事です。

5:00
トップコートとなるクリア層のスプレー。
さっきの着色をしていた人よりも一気に軽装に見えますね…(半袖だし)
ネックにクリアーを吹いている人は手袋無し。
この辺の着用・不着用は任意だったりするんだろうか…

5:12
塗装後のサンディング作業。
サンディングシーラーの研磨かな…オービタルサンダーのような物を使って研磨している人と手作業で研磨している人がいます。
色がついたボディも積んでありますが、塗り直しのために再研磨されるという事でしょうか。

5:16
こちらはトップコートの研磨のようです。
やはり機械と手作業が混在しています。
塗装はやはり研磨が重要です。

5:30
バフ。
白っぽいボトルに入っているのは研磨粉だと思います。
ボディに塗布し、バフに当てて研磨します。
据え置き型の縦回転するバフとハンディタイプの横回転するバフの両方が併用されているようですね。
磨き上げる事でギターは鏡面の仕上がりを得ます。
しかし、バフで鏡面を得るためには事前の入念なサンディングが必要です。

5:55
塗装が完了したら組み込みです。



どうだったでしょうか。
この動画で工場の様子が全て分かるわけでもギターの作り方がわかるわけでもないのですが、なるほどと思う面もあったりしませんでしょうか?
また、生産ラインをみて味気ないと感じたでしょうか?それとも興味深いと感じたでしょうか?
機械が加工している割合が意外に多い思ったでしょうか、それとも意外と手作業が多いと思ったでしょうか。


次はフェンダー以外の工場を見てみたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

ozimas

Author:ozimas
愛知県一宮市の木曽川近くにあるギター工房。
ギター・ベースの製作・修理をしてます。
このブログはギター・ベースに関した役に立つ話題や役に立たない話題を中心に思いつくままに書いていこうと思います。(不定期)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等は

ozimasguitar@gmail.com

まで。



≪お断り≫
当ブログ掲載の記事・画像・各種ファイルの無断転載はご遠慮願います。
必要な場合、当方までご一報願います。
公序良俗に反しない限り前向きに対応させていただきます。




↑OZIMAS GUITAR ATELIERの ホームページはこちらから!

過去の記事一覧

全ての記事を表示する

FC2カウンター
楽天市場 広告
この欄は広告です
【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150

【送料無料】ベース用ABS製ハードケース BA-150
価格:10,240円(税込、送料込)

最新コメント
スポンサードリンク
AMAZON ギター・ベース関連書籍
AMAZON ギター・ベース 洋書
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。